家庭用太陽光発電に必要な設備は?

家庭用太陽光発電システムには、いくつかの設備がいります。

まずは、太陽光パネルです。

これは、モジュールとも呼ばれるもので、太陽光を集め、それを電気エネルギーに変換する役割を果たしています。

よく屋根の上に乗っているパネルがありますが、これがまさしく、モジュールの事です。

そして、パワーコンディショナーがあります。

パワーコンディショナーは、直流電流を交流電流に変換する役割を果たしています。

太陽光発電で発生した電気は直流、家庭用の電流は交流だからです。

そして、分電盤があります。

分電盤は、交流電流を家庭内にある電気コンセントに振り分ける役割をしています。

また、電力会社から電気を買う場合にも、この分電盤へと繋がります。

その他、接続箱、電力量計、モニターがあります。

電力量計は、太陽光発電によって発生した電力を買い取ってもらう時などに使います。