家庭用太陽光発電の発電量って?

家庭用太陽光発電では、太陽の光を集めて電気エネルギーに変える役割を果たしているところは、太陽光パネル、いわゆるモジュールと呼ばれるところです。

このモジュールには、太陽電池が数多く配列されていて、これらの太陽光電池をセルと呼んでいます。

セルは半導体なのですが、半導体は太陽光が当たるとプラスとマイナスに分かれるという性質があります。

そのため、モジュールに太陽光が当たると、セル内部に+の電極と−の電極ができることになります。

そしてこの2つの電極によって電圧の差が生じることになりますので、ここに電気機器をつなげば、電気がつくことになるわけです。

家庭用太陽光発電システムを選ぶとき、発電量に注目をすることもあると思いますが、この発電効率がどれくらいかということを表しているのが、太陽光発電システムにおける発電量ということになります。

当然、多い方が電力がたくさん発生するということです。